錆びまくった鉄製の物干し台を「サビの上からそのまま塗れる」で塗装

2019年6月3日

スポンサー リンク

古い家だと物干し台がコンクリートの土台で鉄製のやつだったりしますよね。
うちがまさにそれでして、まぁ機能上は問題なく使えるんですが、サビがあまりにみっともないのでどうにかすることにしました。

現状の物干し台

IMG 5691

わかりやすく錆びてますね。今でこそステンレスで錆びない物干し台になってますが、昔ってなんで錆びる素材を物干し台に使ってたんですかね。

物干し学に詳しい方いたら教えてください!

錆びてると「サビを落とす」という面倒くさい作業が入るので、これまでなかなか手がつけれなかった要因です。
しかし!
世の中には「錆落とし」と「塗装」を一度にできてしまう便利な商品があるみたいなので、今回はそれを利用して塗装することにしました。

(ちなみに後ろでは前回記事のスイッチカバーの塗装中です、待ち時間に同時並行で作業してました^^; )

https://diyer-lab.com/change-switch-plate/

「サビの上からそのまま塗れる」塗料

IMG 5692

なぜかうすめ液の方がメインになってますがw,左の缶が今回メインの塗装材です。

その名も「サビの上からそのまま塗れる」というこれ以上わかりやすいネーミングはない商品です。色の展開も結構ありましたが

困ったら黒

かっこよくしたかったら黒

おしゃれは黙って黒

という原則に従い、今回も黒にしました。

https://diyer-lab.com/paint-steel-shelf/

ペイントうすめ液は、「サビの上からそのまま塗れる」塗料が濃い場合に薄めるのと、塗装後に筆を洗う際に使用するために買っておきました。結果買っておいてよかったので、「サビの上からそのまま塗れる」塗料を使う場合は一緒に買っておくことをおすすめします。

それにしても「サビの上からそのまま塗れる」塗料が長すぎてくどいので今後は「サビ上塗料」と表記します

1度塗り写真省略、塗装完了

IMG 5693

塗りのも

困ったら二度塗り

一度できれいに塗れなくて良い

という原則の元で二度塗りが定番です。

サビつきが激しいところはざらっとした仕上がりになりましたが、粘度が高いおかげか色自体はしっかりついて錆の上からでも問題なく塗ることができました。

ただ使ってみて注意点やこうすればより良いだろうなという点はあったので書き記しておきます。

粘度が高いので毛が一緒についてしまう

IMG 5694

わかりにくいですが、先端の方に毛のようなものが見えると思いますが、これは筆の毛が抜けてくっついている状態です。普通のペンキなどでもよく起こる現象ですが、ペンキ以上に頻度は高かった気がします。

また、厄介なのが抜けると取りにくいということ、筆で取ろうとするとさらに抜けてしまうという悪循環。。
端っこなら手で取れますが、中盤あたりで毛がぬけると結構苦戦して時間ロスになってました。

抜けにくい良い筆を使う(100均だと苦戦しますw)かうすめ液で粘度を落として使うのが良いかなと思いました。

うすめ液を上手に活用

うすめ液を使うかどうかは一長一短ありそうで、サビが酷くて触ればポロポロ落ちるくらいの状態なら薄めず、筆の毛も全部まとめて塗り固めるくらいのほうが良いかな思います。どのみちサビが凸凹ザラザラしてるので毛2,3本入っても変わらないですw

サビの度合いがそこまでひどくない場合は、薄めつつ付いた毛も取りながら進めていくときれいな仕上がりになりそうだなと感じました。

BEFORE & AFTER

IMG 5691

IMG 5693

ということで恒例のBEFORE&AFTER。
BEFOREがひどすぎるので、今回は大成功です。黒はやっぱり無難ですね。

元からこの色だったかのような存在感です。

後日談 ~物干し台の悲劇~

IMG 6627

無事塗装できて、みすぼらしさも無くなり利用していたのですが、風の強いとある日になんとコンクリートが割れてお亡くなりになってしまいました。
まさかの土台コンクリートが真っ二つです。

なので、結局既成品を買ってきてこの物干し台を使うことはなくなりましたw
物干し台の1本は普通に使えるので鉢を吊るしてガーデニングとかに活かそうかなぁ

【今回の教訓】

  • 筆の安物買いは手間を招く
  • 写真少なくても記事になるじゃん
  • 見た目ではわからないダメージを侮るな