[DIY]ドアホンをパナソニックSV38KL(テレビドアホン)に交換!

スポンサー リンク

引っ越してしばらく不在票が入ることがよくありました。
家にいるのにです。

チャイムがならないことを忘れてましたw

かつてはNTTの電話連動のドアホンでした

IMG 5677

こんなやつですね。一昔前はモニタなんてついてなく、話が出来ることだけのものが一般的でした。
話す=電話につながっていて受話器で会話ができるというタイプです。

それより前は単純に

「ピンポーン」

となって

「はーい」

と出ていたと思うと時代の進化はすごいですね。
最近の主流はカメラがついていて、家の中から来訪者が確認できるもの
いわゆる「テレビドアホン」というタイプです。

防犯面からもそちらの方が安全ということもありテレビドアホンを設置することにしました。

簡単に交換できました、が簡単に取り付けるには条件があります

今回ものの20分ほどで簡単に交換できましたが、出来るかどうかは条件があります。

絶対条件はチャイムコードが玄関から家の中まで引かれているかどうか
大概は大丈夫ですけどね、既存のチャイムがあればそれが確実に家の中まで配線されていると思うのでそれを利用する形で大丈夫です。上記の単純ピンポンでさえ電力通っているようなので。

もう一つがテレビドアホンがコンセントから給電するタイプのものどうか
テレビドアホンには2種類あり、コンセントがついているものとそうでなくVVFケーブルのみで直接接続するものがあります。
もし後者なら電気工事士2種の資格が必要なので、持ってない方はコンセントがついているものを選びましょう。

ちなみに私が購入したSV38シリーズは
「SV38KL」がコンセント給電です。「SV38XL」が電源直結タイプになっています。

もっと新しく多機能なものやこれより安い商品などたくさんあり選別がむずかしいですが、
しっかりモニタから認識でき
ボタン操作も楽ちんで
録画機能がある
ものでその他は最低限の機能があれば良いとなれば、この辺りがベターかなと思います。
広角に見えた所で、広くない玄関から一体他に何を映し出せと。。

というわけでちゃちゃっと設置。まずは玄関から

IMG 5678

下部のネジを1つ外して上部の引掛けを取るとすぐに外れました。
チャイムコードを外します。あ、チャイムコードは電気工事士の資格なくても出来るのでご安心をw

IMG 5679

IMG 5681

規格が同じようなので、既存の枠を外して新しいものに付け替えます。(付け替えなくても良かったかも)
ネジが購入したドアホンに付属していたものだと長さが足りなかったので既存のものを流用しました。
穴の位置まで一緒でラッキー。大体の機種が既製サイズなんですかね?

IMG 5682

後は接続してはめれば完成。カメラ角度も調整できますが、しなくても良い角度だったのでそのままです。

IMG 6092

あっさり取り付け完了。

部屋の中にモニターを取り付け

IMG 5683

かつては電話につながっていたので、チャイムコードだけむき出しになってます。
届く範囲で適当な位置に取付金具を設置。

ちなみに懸念していましたが、砂壁(繊維壁)の上から直接ビス打ち込んでも大丈夫そうでした。
古い戸建てでドアホンだけ新しくしたい場合も、特に問題なく設置できそうです。

IMG 5684

取り付け完了です。裏面の接続写真撮り忘れました。。
まぁチャイムコード挿すだけなので大した事ないです。

電源はコンセントからとってますが、勿論専用コンセントというわけでもないので、かっこ悪いです。
近々どうにかします。(意味深)

【今回の教訓】

  • 完成写真を忘れずに
  • 教訓を3つくらいあぶり出せ